本文へスキップ

マイホームを建てる前に地盤改良についても調べましょう。

HySPEED工法

液状化に強い

緩い地盤には地盤改良で対策を/液状化に強い

強い地震があったときに起こる地盤の液状化は非常に怖いものです。 液状化した地盤は緩くなってしまうため、その上に建っている建物は安定しません。 建物が傾くことで負荷がかかり、外壁にヒビが入ったりドアの開閉が困難になることも あります。 ですがHySPEED工法の砕石杭なら砕石が水を通すため水圧を逃がす効果がありますので、 液状化にも強いといえるでしょう。愛知・名古屋で液状化に悩まされたらこちらにご相談を。 何本もつくられた砕石杭によって、地震が起きても地盤の液状化が発生するリスクを 低減することができます。 マイホームといえば建物に目がいきがちですが、地盤を考えるということもとても 需要なことですので、大切なマイホームを支える地盤にも気を配りましょう。


土地の資産価値

セメント系柱状杭や鋼管杭は、地中に残っていると産業廃棄物になります。 将来土地の売却を行うときにも埋設物として取り扱われますので、買主から撤去を 求められる場合もあります。 またセメントによる土壌汚染を起こしていると浄化費用もプラスされてしまいます。 思わぬ出費となることもありますので、環境や経済性を考えると安易な判断による 地盤改良工法の選択は避けましょう。 ですがHySPEED工法で地盤改良をすると土地の資産価値が下がりません HySPEED工法は天然砕石のみを使用した地盤改良で、地中の埋設物扱いにはならないからです。 土地を売る場合も取り除く必要はありません。 将来住居の建て替えをすることがあっても、同程度の建物であればリユースすることも可能です。


健康と環境

HySPEED工法では六価クロムが発生することはありません。 HySPEED工法ではセメントと土を混ぜるわけではないので、発がん性物質である 六価クロムが発生することはありませんので、子供が土と触れ合っても安心です。 クリーンな環境は子供だけでなく、年寄りや身体の弱い方の生活環境にも最適です。 有害物質の発生しない、クリーンな地盤で健康的な生活を守る工法といえるでしょう。 またHySPEED工法は天然砕石しか使わないので、他の地盤改良工法と比べてCO2の排出が 少ないエコロジーで地球にも優しい工法です。 他工法と比較して、平均的な住宅1戸において約2,000kgのCO2削減効果があります。