本文へスキップ

マイホームを建てる前に地盤改良についても調べましょう。

地盤改良の必要性などについて紹介するサイト『緩い地盤には地盤改良で対策を』

『緩い地盤には地盤改良で対策を』では緩い地盤の対策について解説します。

地盤改良

  • マイホームを建てる地盤の大切さはそれほど知られていません。 いくら頑丈な住居を建ててもその建物を支える地盤が弱いと危険が伴います。 ひょっとしたらあなたがマイホームを建てようとしている土地にも思わぬ危険が潜んでいるかもしれませんので、地盤に関する正しい知識を身につけ、必要があれば業者に調査を依頼しましょう。地盤改良を愛知でお考えならこちらのような会社があります。地盤改良が済んだ後、リフォームを請け負っているこのような会社(北名古屋・小牧・一宮地域)で免震工事を施せばさらに安心です。

地盤改良の流れ

  • 安全な家を建てるためには、まずその土台となる地盤をしっかりチェックすることが大切です。 地盤が弱いようであれば地盤改良をして頑丈な土台を用意します。不動産会社も調査を行い地盤の安全性をアピールしています。第三者機関による地盤調査を受けている会社もあります。 ここでは地盤調査から地盤改良までの流れを解説します。
PR 岡崎市で中古住宅をお探しならこちら
岡崎の分譲住宅・分譲マンション・土地の物件情報の検索ができます。
http://www.tochisma.com/

六価クロム

  • セメントを土と混ぜると化学反応をおこし、六価クロムという有害物質が発生する危険が あります。 この六価クロムとは一時期世間を大きく騒がせたアスベストと並び、発ガン物質として 国際がん研究機関からもリストアップされています。

HySPEED工法

  • 大地震では地層の境目に沿ってせん断力がかかります。 HySPEED工法なら砕石孔はせん断に対して追随するので、孔自体の破損は起こりません。 また地盤そのものを強くしますので地震の揺れによる共振をやわらげる効果があります。 地震の衝撃に強い地盤を作るならHySPEED工法は良いかもしれません。